郡 愛子の系譜

ー音楽の記憶ー

オペラデビューから現在に至るまで…
郡 愛子の音楽の記憶です。
「郡 愛子の系譜」をご覧ください。

郡 愛子の系譜

1975年
日本オペラ協会より「春琴抄」でオペラデビュー。
同年
藤原歌劇団「イル・カンピエッロ」に出演。
※以来、とくに難しいとされる初演オペラや、創作オペラなどで卓越した才能を発揮する。
1979年
藤原歌劇団「友人フリッツ」に出演。
同年
藤原歌劇団「四人の頑固者」に出演
1980年
藤原歌劇団「コシ・ファン・トゥッテ」等に出演。

トップへ戻る
1981年
藤原歌劇団「カプレーティ家とモンテッキ家」に主役ロメオで出演。
同年
藤原歌劇団「リゴレット」、「アマールと夜の訪問者」等に出演
1983年
藤原歌劇団「ルチア」に出演。
同年
藤原歌劇団「マハゴニー市の興亡」に主役ベグビッグで出演。
1984年
日本オペラ協会「祝い歌が流れる夜に」初演。
1985年
藤原歌劇団「カルメン」、「蝶々夫人」、ECオペラ「イリス」に出演。
1985年
初演オペラ、創作オペラなどでの好演で、第13回ジロー・オペラ賞を受賞。
1986年
日本オペラ協会「舌を噛み切った女」の主役出演で、第14回ジロー・オペラ賞を連続受賞。
1987年
初リサイタル「オルフェオの世界」での卓越した歌と表現により、昭和62年度文化庁芸術祭賞を受賞。
1989年
「すて姫」の主役で再演(「舌を噛み切った女」のタイトルを改め再演)。
同年
東京交響楽団特別演奏会、楽劇「サロメ」に出演。
1990~92年
三菱自動車のTV-CM、郡愛子歌唱の「DIAMANTE」がON AIRされる。
1991年
NHKナゴヤ ニューイャーコンサートに出演。
1992年
小澤征爾 指揮・蜷川幸男 演出<ヘネシー・オペラ・シリーズⅣ「さまよえるオランダ人」>に出演。
1993年
「祝い歌が流れる夜に」の再演。
1993年
鎌倉芸術館開館記念オペラ<静と義経>に「磯禅師」(静の母)で出演。
1994年
東京交響楽団 サントリーホール定期演奏会<モーゼとアロン>に出演。
1994~96年
銀座ソニービル「SOMIDO」で、音楽ジャンルを超えての三回のシリーズ・ライヴを開催。
1994~96年
三菱自動車のTV-CM、郡 愛子歌唱の「NEW DIAMANTE」がON AIRされる。
1995年
同年
リサイタルの開催とリンクし、CD初アルバム「ときめきに 今!」をリリース。
同年
NHK交響楽団定期演奏会 ホルスト・シュタイン指揮「さまよえるオランダ人」に出演。
1996年
小澤征爾 指揮・浅利慶太 演出<ヘネシー・オペラ・シリーズⅧ「蝶々夫人」>に出演。
1997年
NHK「ニューイャー・オペラコンサート」に出演。
同年
すみだトリフォニーホール開館記念公演、オペラ「カーリュー・リバー」に主役出演。
1998年
NHK「ニューイャー・オペラコンサート」に出演。
同年
紀尾井ホール・スペシャル「ガーシュイン生誕100周年~ジョージ・ガーシュインに捧ぐ」に出演。
同年
新国立劇場オープニング記念オペラ「蝶々夫人」に出演。
同年
佐渡 裕指揮「レナード・バーンスタインズ・ニューヨーク」に出演。
1999年
NHK「ニューイャー・オペラコンサート」に出演
同年
佐渡 裕指揮、レナード・バーンスタイン作曲「キャンディード」に出演。
2000年
国立競技場:全日本サッカー選手権大会“天皇杯” 決勝戦開会式で「君が代」独唱。

トップへ戻る
同年
新国立劇場オペラ「エウゲニ・オネーギン」に出演。
同年
東京芸術劇場大ホール:「郡 愛子25周年記念リサイタル~愛と感謝の歌」を開催。
同年
リサイタルの開催とリンクし、CDアルバム「やるせないアリア~郡 愛子 愛を歌う」をリリース。
同年
りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館:「にいがたジルヴェスターコンサート2000」の
歌と総合司会を務める。
2001年
「郡 愛子リサイタル2001~ふるさとは歌のなかに」を浜離宮朝日ホールで開催。
同年
リサイタルとリンクし、CDアルバム「日本抒情歌集 郡 愛子」をリリース。
2002年
新国立劇場オペラ「ヘンゼルとグレーテル」に出演。
同年
横浜アリーナ:「3大テノール・ラスト・コンサート・イン・ジャパン2002」にゲスト出演。
世界3大テノール(P.ドミンゴ、J.カレーラス、R.パヴァロッティ)と共演する。
同年
新国立劇場オペラ「セビリアの理髪師」に出演。
2004年
レナード・バーンスタイン作曲、宮本亜門演出、ミュージカル「キャンディード」に
オールド・レディ役で出演し、絶賛される。(東京ロングラン&主要都市ツァー)
同年
りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館:「にいがたジルヴェスターコンサート2004」の
歌と総合司会を務める。
2005年
同年
リサイタルの開催とリンクし、CD「郡 愛子30周年記念アルバム~これ以上の愛は」をリリース。
(収録全曲を郡 愛子自身が作詞・訳詞をし、これを歌った世界名曲集)
2006年
目黒パーシモンホール:日本オペラ協会「葵上」に主役・御息所で出演。
同年
ミューザ川崎シンフォニーホール:「東京交響楽団 創立60周年記念GALAコンサート」に出演。
2008年
同年
7つの音楽ジャンルから一曲ずつを選曲した画期的なCDアルバム「Voices」をリリース。
同年
りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館:「にいがたジルヴェスターコンサート2008」の
歌と総合司会を務める。
同年
リサイタルの開催とリンクし、CDアルバム「VoicesⅡ」をリリース。
2010年
東京文化会館大ホール:藤原歌劇団 「カルメル会修道女の対話」でクロワシー修道院長の大役を務める。

トップへ戻る
同年
同年
リサイタルの開催とリンクし、CDアルバム「「VoicesⅢ」をリリース。
同年
和光市文化振興公社 主催・制作 童謡詩劇「うずら」初演に出演。
2011年
「郡 愛子リサイタル2011~歌は力 歌は心」を浜離宮朝日ホールで開催。
同年
リサイタルの開催とリンクし、CDアルバム「VoicesⅣ」をリリース。
2012年
東京芸術劇場大ホール:「郡司博プロデュース~郡 愛子リサイタル」が開催される。
同年
りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館:「にいがたジルヴェスターコンサート2012」の
歌と総合司会を務める。
2013年
「美空ひばりエンターテインメント」全国ツァー。
同年
和光市文化振興公社 主催・制作 童謡詩劇「うずら」再演。
2014年
東京芸術劇場大ホール:本邦初演 カール・ジェンキンス作曲 「スターバト・マーテル」での
歌唱が好評を得る。
同年
2015年
5月/和光市民文化センター:和光市文化振興公社主催 「郡 愛子 おしゃべり“歌”サロン」
同年
6月/ザ・パークタワー プリンス東京 ボールルーム:「郡 愛子40周年記念パーティー」
≪郡 愛子 40周年記念「三つのリサイタル」 開催スケジュール≫を発表。
同年
11月22日/東京芸術劇場コンサートホール(大ホール)
「郡 愛子40周年記念リサイタル~“和の詞 和の響 和の心”」を開催。/
CDニューアルバム「VoicesⅤ」をリリース
2017年
2017年度「日本オペラ協会」総監督に就任
同年
日本オペラ協会公演 総監督:郡 愛子
10月14日、15日/新国立劇場小劇場
室内オペラシリーズ №1 『ミスター・シンデレラ』(ニュープロダクション)
2018年
日本オペラ協会公演 総監督:郡 愛子
2月17日、18日/新宿文化センター 大ホール
日本オペラシリーズ №78 『夕鶴』
同年
2019年
日本オペラ協会60周年記念公演 総監督:郡 愛子
3月2日、3日/新宿文化センター 大ホール
日本オペラシリーズ №79 『静と義経』(東京初演)
同年
6月15日/よみうり大手町ホール
「郡 愛子リサイタル 2019/“夢、希望そして想い出”」を開催。
2020年
日本オペラ協会公演 総監督:郡 愛子
1月11日~15日(5日間)/bunkamura オーチャードホール
日本オペラシリーズ №80 《スーパーオペラ『歌劇 紅天女』》(新作初演)

トップへ戻る