謹んで新年のお慶びを申し上げます。

コロナ禍で覆い尽くされました昨年でしたが、皆様にはお健やかに新年をお迎えになられましたでしょうか。年頭におきまして、皆様方のご健勝とコロナ禍の早期の収束を心より祈念いたしております。

私が総監督を務めます日本オペラ協会は、年末年始のコロナ対策の効果に期待を寄せ、今年度の公演に向けて新年早々から全力で稽古に取り組んでいるところです。
演目は《中村透追悼公演~『キジムナー時を翔ける』》ですが、新宿文化センター大ホールにおいて2月20日(土)、21日(日)の両日に開催させて頂きます。

昨年1月に上演いたしました<スーパーオペラ『歌劇 紅天女』>は、この世の平安と自然界を見守る千年の梅の樹に宿る女神のお話しでしたが、この度の公演も前作と深い繫がりがあり、沖縄の大樹に宿る妖精<キジムナー>が人々の対立や争いを「融和」へと、そして自然環境を破壊から「共生」へと導く、心温まるストーリーです。娯楽性に富み、またメルヘンチックな要素も含むこのオペラは、お子様から熟年の方まで幅広い年代の方々にお楽しみ頂ける稀有な作品と存じます。

早春の週末にきっと晴れやかな気分を味わって頂けますこのオペラに、ぜひともお運びくださいませ。心よりお待ち申し上げております。

どうぞ本年も宜しくお願い申し上げます。

2021年 新春 吉日
郡 愛子 拝

ご挨拶

晩秋の候、紅葉も日ごとに南下いたしておりますが、皆様にはお健やかにお過ごしでいらっしゃいますでしょうか…。

コロナ禍の脅威は私たちに生活様式の様々な変化をもたらしましたが、いつの間にか今年もあと二ヶ月余を残すのみとなりました。

私が総監督を務めております日本オペラ協会も、1月の本公演《スーパーオペラ『歌劇 紅天女』》を盛況のうちに終えることができました後は、活動を自粛し続けてまいりましたが、ようやく先月(9月)26日に「アートにエールを!東京プロジェクト」からのご支援をいただき、日本オペラ協会公演によるコンサート《心の絆~この歌に支えられて》を実施させていただくことができました。

待ちに待ったステージの再開だっただけに、出演者たちはみな感慨新たに全身全霊を込めて歌わせていただき、そしてお客様方にはたいへんお悦びいただくことができました。

今年度の日本オペラシリーズ本公演は、《中村透追悼公演~『キジムナー時を翔ける』》を、2021年2月20日(土)、21日(日)の両日、新宿文化センター大ホールで開催させていただきます。北海道にお生まれになり、その後音楽家としての生涯を沖縄で送られ、日本の音楽界に多大な功績を記された中村透先生は2017年2月に急逝されましたが、その中村先生の台本・作曲によるオペラの代表作品が『キジムナー時を翔ける』です。沖縄のほとんどの人々が親しみを感じる木の妖精「キジムナー」が、人間社会の最大のテーマである“自然との共生”、“人々の融和”について、それを実現させる方向へと優しく導いてくれます。沖縄の魅力溢れる音楽が随所に流れ、カルカリナ(妖精キジムナー)役の砂川涼子、中鉢聡の男女でのダブルキャストをはじめ、実力派歌手たち(沖縄出身の歌手も多数)の名演で織りなす感動的なオペラです。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

令和二年 秋
郡 愛子 拝